霊主体従(れいしゅたいじゅう) ※重要

どーも和合です!

 

いつもブログを読んでくださっている方

そしてたまたま

このブログにたどり着いた方

ありがとうございます。

f:id:fuji55wara:20170916192011j:plain

さて

今回は

霊主体従(れいしゅたいじゅう)について

書いていきます。

 

 

霊主体従・・・

聞きなれない言葉だと思います。

 

「霊が主で体が従う」

という意味です。

 

以前のブログでも

少し触れましたが

人は

肉体と霊体で形成されています。

 

肉体は現界

霊体は霊界

 

肉体は、この世

霊体は、あの世

 

です。

 

何か病気になった時

その人の霊体を清めれば

肉体は治ります。

これが

霊主体従です。

 

霊体の方が主なのです。

 

もう少し大きく

そして細かく説明していきます。

 

あの世には霊格という段階が存在します。

この世には人格という段階が存在します。

 

この「格」は180段階

存在しています。

 

人は死ぬと(肉体が滅びると)

基本的には、あの世にいきます。

三途の河を渡り

欲望の淵を超え

閻魔様と会います。

そして天国や地獄に割り振られます。

 

例えば地獄ですが

これは0段から60段です。

 

そして60段から120段が八衢(やちまた)という所

 

120段から180段が天国です。

 

この段階を

「霊層界」と言います。

 

自分のご先祖様もこの180段階の何処かにおられます。

 

肉体が滅び(死)

あの世に行き

どこかの段階に行く

 

そしてその段階で

成すべき事を成す

 

しかし

霊界に行ってしまうと

なかなか自分の力では上に上がれないです。

では

どうやって上がるのか?

 

それは

子孫たちに正しく先祖供養をしてもらうしか

ないのです。

 

例えば

ある人が死にました

その人は霊体、即ち魂になり

あの世に行き

50段の場所に行かされたとします。

50段は地獄です。

地獄の中でも比較的マシな方の地獄です

ですが地獄は地獄です。

その人は苦しいので上に上がりたく

もがき苦しみます。

ですが

自分の力では、なかなか上がれません

 

そんな時

この世では

その人のために子孫達が一生懸命

先祖供養を心からしたとします。

 

すると50段にいた人が

70段に上がったりします。

 

70段とは、この世でいうと

一般層です。

 

50段の頃より随分と楽になります。

 

ここで霊主体従!

 

自分の先祖の霊格が上がると

その子孫達の人格が上がります

これは比例し続けます。

 

しかも

先祖様の段階が50から70に上がると

先祖様のあの世での暮らしも一変します

ボロ家から普通の家になる感じです。

 

これも

霊主体従!

この世の子孫達の暮らしも一変します。

 

はい

そうです

 

先祖供養って

めちゃくちゃ大事です。

 

ご先祖様にとっても大事ですが

自分自身にとっても大事です。

 

もし今の暮らしの中で

嫌な人とばっかり出会ってしまったり

嫌なことばっかり起こるなら

まずは

先祖供養しているかな?

考えてみてください。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。