少し神様の事を書きます

ども!

和合です!

この記事で64個目になります。

f:id:fuji55wara:20171207064836j:plain

全く無駄がない神々の遊び

このブログには

神様や仏様という

目に見えない者、世界の話が多い

そして

宗教的な話が多い

とは

思うんですが

私自身

正直、ほとんど宗教色を出しているつもりは無く

出来るだけ誰にでも読んで頂ける様に

私なりに言葉を選んで書いたり

動画では喋ったりしています。

けど

この記事では

そこは無視して書いていこうと思います。

タイトルにもある様に

神様の事を少し書きます。

先に仏様の事も少し書きます

私が祀っている仏様は

「瑠璃光浄土」(るりこうじょうど)

という仏界の中でも最上級の世界があり

そこの表のボス

ある観世音菩薩様と

裏のボス

ある如来

この二体と

千手観世音菩薩様をメインに

お祀りしています。

はい

では

神様ですが

私がお祀りしている

神様はフルネームは書けないのですが

主神様(すしんさま)と

ここでは書きます

実際、普段

主神様と呼んでます。

フルネームはちょい長いんです。

主神様は

全宇宙を創造された

全知全能

唯一無二

絶対的圧倒的な存在です。

普通の人が

もしチラっとでも

その姿を見れたなら

感動のあまり涙は止まらず

何の言葉も出ず

凄まじすぎる光を浴びて気絶します。

そのチラっと見えたのが

主神様だと知らなくても

そうなります。

とんでもなく凄いです。

人間を作ったのも

主神様です。

人って

神有物(しんゆうぶつ)なんです。

もっと言うと

全部

神有物なんです。

ただ1つ

主神様が

敢えて操作しない事があります。

それは人の「心」です。

心は自由と言いますが

まさに

その通りで

心は全部

自分の自由なのです。

自由だからですが

全責任は自分にあります。

人は神になれる唯一の生物であります

しかし

人は悪魔にもなれる唯一の生物でもあります

心が自由とは

素晴らしくもあり

恐ろしくもある

はい

全然まとまってない文章ですが

これぐらいで

やめときますm(_ _)m

ではでは

今回も最後まで読んで頂いて

ありがとうございます